露への圧力緩めず、オバマ氏は追加制裁法案署名へ-米当局者

オバマ米政権の当局者は、米欧の制裁と原油 価格急落でロシア経済が急激に下降する状況にあっても、プーチン政権 に対する圧力を緩めないと語った。

アーネスト米大統領報道官は16日、通貨ルーブルの最安値更新や景 気の落ち込みに見舞われているロシアの厳しい情勢について、制裁によ ってイランが核開発問題の交渉に応じざるを得なくなったのと同じく、 プーチン政権にウクライナ問題で譲歩を迫る措置の有効性が示されてい ると指摘した。

同報道官は「決断するのはプーチン大統領だ。プーチン氏の選択肢 をはっきりさせることが目的だ」と説明した。

米議会は先週、ロシアのエネルギー業界への制裁を強化し、ウクラ イナ政府に武器などを提供する権限を大統領に与える法案を可決した。 アーネスト報道官はこの日、大統領が同法案に署名する意向だと述べ た。法案は大統領に追加制裁を義務付けるものではない。

外交問題評議会(CFR)のリチャード・ハース会長は、プーチン 大統領にはロシア経済を安定させる手段がほとんど残っていないと分 析。「金利を6.5ポイント引き上げた後は、国内的な手だてが尽き始め る」とブルームバーグの番組「ブルームバーグ・サーベイランス」で語 った。

原題:U.S. Won’t Ease Sanctions to Prevent Economic Meltdown in Russia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE