欧州株:7日ぶり反発、エネルギー銘柄と自動車株に買い

16日の欧州株式相場は反発。不安定な値動き を経て、5日以来の大幅高で終えた。指標のストックス欧州600指数の 上昇は7営業日ぶり。

ストックス600指数は前日比1.7%高の328.88で終了。前日まで6営 業日での下げ幅は過去3年余りで最大となっていた。中国とフランスの 製造業指標がエコノミスト予想に届かなかったことを嫌気して、同指数 は1.3%下げる場面もあった

エネルギー銘柄は7営業日ぶりに上昇。英蘭系ロイヤル・ダッチ・ シェルと英BGグループの上げが目立った。11月の新車販売台数が増加 したことを好感し、自動車銘柄も値上がりした。

クレアインベスト(ジュネーブ)の共同創業者でファンドマネジャ ーのイオンマーク・バラフ氏は、「投資家らは最近の下げを見て、少し 買いを入れて年末のポートフォリオを拡充したようだ」と発言。「今朝 の欧州市場では強い不安が見られた。向こう数日間で底を確認できれ ば、年末まで緩やかに上昇するだろう」と語った。

業種別19指数の中で、資源とエネルギー銘柄の指数が大きく上げ た。前日は石油・ガス株指数が2009年4月以来の低水準まで下げ、鉱山 株指数は8日続落となっていた。

ドイツの自動車メーカー、ダイムラーは4%上げ、独タイヤメーカ ーのコンチネンタルは3.6%高となり、自動車銘柄指数を押し上げた。 欧州自動車工業会(ACEA)が発表した11月の新車販売台数は前年同 月比1.2%増の98万9457台。1-11月の販売台数は前年同期比5.5%増 の1200万台に上った。

原題:Europe Stocks Rise First Time in Seven Days as Oil Shares Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE