16日のインド株式相場は5カ月ぶり大幅安と なった。通貨ルピーは1年1カ月ぶりの安値を付けた。原油相場が大き く下げたほか、インドの貿易赤字が拡大したことが嫌気された。

産銅会社セサ・スターライトはここ1年4カ月で最もきつい値下が りで、金属株指数は7営業日続落となった。ICICI銀行は4営業日 続落し、インドステイト銀行は2013年9月以来の大幅下落。ルピーはド ルに対し1ドル=63.59ルピーと、昨年11月以来の安値を付けた。イン ド国債の10年物利回りは4月以来の大幅上昇となった。

ムンバイ市場のS&Pセンセックス指数は前日比2%安の26781.44 で終了。これは7月8日以来の大きな下げ幅。原油安はエネルギー需要 の8割を輸入するインドのインフレ鈍化につながるものの、世界株安が 新興市場資産への資金流入を抑制する可能性がある。クレディ・スイ ス・グループによれば、インド株・債券への流入額は来年約180億-200 億ドルと、今年の430億ドルを下回る公算。

原題:Indian Stocks Tumble Most Since July as Oil Slumps With Rupee(抜粋)

--取材協力:Santanu Chakraborty、Shikhar Balwani.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE