日銀は追加緩和、もしくは2年の達成期限撤回へ、原油安で-サーベイ

原油価格の急落により、日本銀行の「2年で 2%の物価目標」の達成に再び黄信号が点滅している。現状の原油安が 続けば、日銀は遅かれ早かれ追加緩和ないし2年の達成期限の撤回、あ るいはその両方に追い込まれるとの見方が強い。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト33人を対象に11日から16 日にかけて実施した調査で、18、19日の金融政策決定会合は全員が現状 維持を予想した。原油価格下落を受けて、「2015年度を中心とする期間 に2%程度に達する可能性が高い」という日銀の見通しが実現するとい う見方は1人にとどまった。

ドバイ原油価格は16日午後5時現在、1ドル=57.29ドルと、日銀 が追加緩和を行った10月31日から31%下落しており、中間評価があった 7月15日から10月31日までの下落率(20%)を大きく上回っている。追 加緩和後も期待インフレは低迷しており、12月短観の「企業の物価見通 し」は1年後に1.4%の上昇と、前回9月調査(1.5%)を下回った。

日銀は10月31日の金融政策決定会合で、消費増税後の需要の弱さと 「原油価格の大幅な下落が、物価の下押し要因として働いている」と指 摘。「短期的とはいえ、現在の物価下押し圧力が残存する場合、これま で着実に進んできたデフレマインドの転換が遅延するリスクがある」と して追加緩和に踏み切った。

JPモルガン証券の菅野雅明チーフエコノミストは「足下の原油価 格の水準が来年3月末まで続くと、来年夏場のコア消費者物価(生鮮食 品を除くCPI)前年比はゼロ%に接近する可能性が高い」と指摘。 「日銀が10月の追加緩和実施時と同じロジックで政策運営するなら、追 加緩和するだろう」という。

原油安で市場は追加緩和を期待

三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所の嶋中雄二所 長も「原油価格が現状の水準から横ばい、ないし一段の下落となった場 合、日銀は追加の金融緩和に踏み切る可能性がある」とみる。

14日行われた衆院選は自公連立与党の勝利に終わった。ニッセイ基 礎研究所の矢嶋康次チーフエコノミストは「賃上げや消費拡大の実績が 出てこないと、原油価格で下がったコアCPIの水準を見て、市場は再 びデフレの危機に直面させないために日銀は追加緩和すべきだと騒ぐだ ろう」という。

信州大学の真壁昭夫経済学部教授は「10月の追加緩和によって、市 場は日銀の追加緩和への期待を高めている」と指摘。「追加緩和をしな いことは市場の期待を裏切ることにつながり、株価等の大きな調整につ ながりかねない」という。

もっとも、展望リポートの中間評価を行う1月20、21日の金融政策 決定会合で追加緩和を予想する向きは今のところ皆無。ブルームバーグ 調査では、日銀は15年度のコアCPI見通し(中央値)を1.7%上昇か ら1.5%上昇に下方修正すると見込んでいる。

1月は追加緩和見送りか

大和証券の野口麻衣子シニアエコノミストは「原油価格の大幅下落 は物価の下方修正要因だが、まだ始まってもいない年度の見通しを大き く修正する公算は小さい」と指摘。また、「3カ月もたたずに追加策を 講じることは逐次投入との批判を避け難い。1月は見通しを微修正にと どめる」とみる。

東短リサーチの加藤出チーフエコノミストも、①過半数ではないが 追加緩和反対委員が多いため、ごり押しがしづらい、②春闘の賃上げを 見たい、③米連銀の利上げで円安がどこまでいくか見極めたい、④追加緩 和手段に余裕がない-ことから1月は追加緩和を見送ると予想する。

しかし、農林中金総合研究所の南武志主席研究員は「15年度に2% 達成と言い続けている以上、それが難しいとの判断が強まれば、目標変 更か追加緩和のいずれか、もしくは双方ともしなければならない」と指 摘する。

いずれ2年の達成期限を撤回へ

明治安田生命保険の小玉祐一チーフエコノミストは「15年度末まで の2%の目標達成は困難」とした上で、「来年7月に目標達成時期の先 送り(期限を明示しない形に変更)するとともに、追加緩和に踏み切 る」と予想。

クレディ・スイス証券の白川浩道チーフエコノミストは「1月時点 では15年度中の2%近傍達成シナリオを下ろさない。したがって、追加 緩和も一応見送りになるが、4月には耐えられなくなり、追加緩和を実 施する」とみている。

日銀ウオッチャーを対象にしたアンケート調査の項目は、1)今会 合の金融政策予想、2)追加緩和時期と手段や量的・質的金融緩和の縮 小時期および「2年で2%物価目標」実現の可能性、3)日銀当座預金 の超過準備に対する付利金利(現在0.1%)予想、4)コメント-。

1)国債とETF、REITを大量に買い入れる現行の量的・質的金融緩和の枠組みの中で、
これらの資産の買い入れを一段と拡大することが可能だとお考えですか。
==================================================================
調査機関数                            33       
------------------------------------------------------------------
はい                                  24       
いいえ                                9        

==================================================================

2)日銀はいつ追加緩和に踏み切るか?    
==================================================================
調査機関数                                   33
------------------------------------------------------------------
12月                                          0        -
来年1月                                      0        -
来年2月                                      1     3.0%
来年3月                                      0        -
来年4月8日                                    1     3.0%
来年4月30日                                   4    12.1%
来年5月                                       1     3.0%
来年6月                                       1     3.0%
来年7月                                       8    24.2%
来年8月                                       0        -
来年9月                                       0        -
来年10月1回目                                 1     3.0%
来年10月2回目                                10    30.3%
来年11月                                      0        -
来年12月                                      0        -
2016年1月以降                                 1     3.0%
追加緩和なし                                  5    15.2%

==================================================================

3)追加緩和の具体的な手段             
------------------------------------------------------------------
マネタリーベースの増加ペースの引き上げ                17
長期国債の買い入れペースの引き上げ                    16
ETFの買い入れペースの引き上げ                         17
J-REITの買い入れペースの引き上げ                      14
付利の引き下げ                                        7
の他                                                   8

==================================================================

4)日銀は生鮮食品を除く消費者物価(コアCPI、消費増税の影響を
除く)前年比が2016年度の「見通し期間の中盤頃に2%程度に達する
可能性が高い」としてますが、この見通しは実現しますか。
==================================================================
調査機関数                                   33
------------------------------------------------------------------
はい                                  1        
いいえ                                32       

==================================================================

5)日銀は10月31日に追加緩和に踏み切りました。一方で、安倍政権は来年10月
予定していた消費税率10%への再増税を2017年4月に延期しました。これによって
日銀が量的・質的金融緩和の出口を混乱なく迎えることが一段と困難になったと
お考えでしょうか。                    
==================================================================
調査機関数                                   32
------------------------------------------------------------------
はい                                         22
いいえ                                       10

==================================================================

7)黒田総裁は任期(2018年4月)までに量的・質的金融緩和の出口を迎える
(縮小を開始する)ことができるでしょうか。
==================================================================
調査機関数                                   32
------------------------------------------------------------------
はい                                         15
いいえ                                       17

==================================================================

7)日銀が2%の「物価安定の目標」が安定的に持続すると判断し、
量的・質的金融緩和の縮小を開始する時期はいつ?
==================================================================
調査機関数                                   33
------------------------------------------------------------------
 2015年上期                                   0        -
 2015年下期                                   0        -
 2016年上期                                   2     6.1%
 2016年下期                                   2     6.1%
 2017年上期                                   1     3.0%
 2017年下期                                   1        -
 2018年以降                                  13    39.4%
見通せず                                     14    42.4%

==================================================================

8)14日の衆院選挙の結果により、日銀に対して一段と金融緩和への圧力が強まると
お考えでしょうか。                    
==================================================================
調査機関数                                     31       
------------------------------------------------------------------
はい                                           8        
いいえ                                         23       

9)原油価格が現状の水準で推移した場合、1月の中間評価で示される2015年度の
コアCPIの見通し(日銀政策委員会の中央値)は何%と予測しますか。
------------------------------------------------------------------
中央値                                         1.5%     

==================================================================

問1に対しての回答の詳細               
------------------------------------------------------------------
メリルリンチ証券、吉川雅幸                              来年7月  
バークレイズ証券、森田京平                              追加緩和なし
BNPパリバ証券、河野龍太郎                               追加緩和なし
キャピタルエコノミクス、Marcel Thieliant                          来年5月  
シティグループ証券、村嶋帰一                            来年7月  
クレディ・アグリコル証券、尾形和彦                              来年10月2回目
クレディ・スイス証券、白川浩道                          来年4月8日
第一生命経済研究所、熊野英生                            来年10月2回目
大和総研、熊谷亮丸                                      来年10月2回目
大和証券、野口麻衣子                                    追加緩和なし
ゴールドマン・サックス証券、馬場直彦                             来年10月2回目
HSBCホールディングス、デバリエ・いづみ                        来年6月  
ジャパンマクロアドバイザーズ、大久保琢史                        2016年1月以降
日本総合研究所、山田久                                  来年7月  
JPモルガン証券、菅野雅明                                来年7月  
明治安田生命保険、小玉祐一                              来年7月  
三菱UFJモルガンスタンレー証券、六車治美                         来年10月2回目
三菱UFJモルガンスタンレー景気循環、景気循環研 嶋中雄二                  来年4月30日
三菱UFJリサーチコンサルティング、小林真一郎                        来年4月30日
みずほ総合研究所、高田創                                来年4月30日
みずほ証券、上野泰也                                    来年10月2回目
ニッセイ基礎研究所、矢嶋康次                            来年10月2回目
野村証券、松沢中                                        追加緩和なし
農林中金総合研究所、南武志                              来年10月2回目
岡三証券、鈴木誠                                        来年7月  
信州大学、真壁昭夫                                      来年2月 
SMBCフレンド証券、岩下真理                              来年10月1回目
SMBC日興証券、森田長太郎                                来年10月2回目
ソシエテジェネラル証券、会田卓司                        来年10月2回目
三井住友アセットマネジメント、武藤弘明                           来年4月30日
東海東京証券、佐野一彦                                  追加緩和なし
東短リサーチ、加藤出                                    来年7月  
UBS証券、青木大樹                                       来年7月

--取材協力:藤岡徹

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE