アジア株、2カ月ぶり安値-原油安や中国製造業指数を嫌気

16日のアジア株式相場は下落。MSCIアジ ア太平洋指数が2カ月ぶりの安値となった。原油安に加え、英HSBC ホールディングスとマークイット・エコノミクスが発表した12月の中国 製造業購買担当者指数(PMI)の低下を受け、世界経済の減速懸念が 高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。