中国株:上海総合指数、3000突破-弱い指標受け追加緩和観測

更新日時

中国本土の株式相場は上昇。上海総合指数 が3000を突破し、2011年以来の高値となった。英HSBCホールディン グスとマークイット・エコノミクスが16日発表した12月の中国製造業購 買担当者指数(PMI)が市場予想を下回ったことを受け、当局が景気 下支えのため追加金融緩和に踏み切るとの観測が高まった。

中信証券(600030 CH)と海通証券(600837 CH)は値幅制限いっぱ いの10%高。政府が両社の信用取引業務の規制に動かないとの見方が広 がった。上海総合指数でウエートの高い構成銘柄である中国工商銀行 (601398 CH)とペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は共に2%を 上回る上昇となった。

上海総合指数は前日比2.3%高の3021.52と、11年4月以来の高値で 終了。3営業日続伸となった。CSI300指数は2.7%高。

香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が0.7%安。ハンセ ン指数は1.6%安。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「景気は依然として精彩 を欠いているが、市場は当局が支援策を打ち出すと期待している」と述 べた。

原題:Shanghai Composite Rises Past 3,000 as Weak Data Spur Rate Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE