中国株:上海総合指数、3000突破-弱い指標受け追加緩和観測

更新日時

中国本土の株式相場は上昇。上海総合指数 が3000を突破し、2011年以来の高値となった。英HSBCホールディン グスとマークイット・エコノミクスが16日発表した12月の中国製造業購 買担当者指数(PMI)が市場予想を下回ったことを受け、当局が景気 下支えのため追加金融緩和に踏み切るとの観測が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。