ロシア企業のデフォルトは不可避、ルーブル安で-クレディS

原油安に伴うロシア・ルーブルの大幅下落を 受けて、同国企業のデフォルト(債務不履行)リスクが増大する見通し だと、クレディ・スイス・グループのバレリー・プーシニヤ氏が15日指 摘した。

欧州中東アフリカの新興市場責任者を務めるプーシニヤ氏は今年に 入って40%を超えているルーブルや原油相場の下落による企業の痛みが まだ経営破綻や雇用、経済成長の統計に反映されておらず、「明白な不 一致」が生じているとみている。

ウクライナをめぐる米国と欧州連合(EU)の経済制裁でロシアは 国際的に孤立を深めているため、多くのロシア企業は海外の債券市場か ら締め出され、国内の資金調達コストが上昇している。プーチン大統領 による政策演説もセンチメントを押し上げるには至らなかった。ルーブ ルはこの日、過去最安値を更新し、ウクライナ・フリブナに代わり今年 に入って世界で最も騰落率が悪化した通貨となった。

プーシニヤ氏はブルームバーグ・ニュースの質問に電子メールで回 答し、「政治の行き詰まり状態から完全に脱却しておらず、ロシア政府 に明確なプランがあるかどうかもはっきりしていない。投資家は不透明 性を常に回避しようとする」と指摘し、「デフォルトは不可避だ」と語 った。

原題:Credit Suisse Says Russian Company Defaults Are ‘Inevitable’ (1)(抜粋)

--取材協力:Boris Korby.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE