ソニーにハッカーが定期的に不正侵入か、1年前に警告-関係者

ソニーのネットワークに侵入したハッカー が、数ギガバイトのデータを週に何回か盗み出していると同社が約1年 前に警告を受けていたことが分かった。ソニー・ピクチャーズエンタテ インメント(SPE)への最近のサイバー攻撃では、同社の内部情報が インターネット上に流出したが、セキュリティーの不備がそれ以前から 存在した様子があらためて浮き彫りになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。