日銀逆行安、追加緩和後の株高ラリーに乗れず-副作用を懸念

更新日時

日本銀行による追加金融緩和を起爆剤に7年 ぶりの高値を付けた日本株相場とは逆行し、当の日銀の出資証券価格が 低迷している。デフレ脱却へ量的・質的緩和に踏み切った昨春をピーク に反落、下値を切り下げる背景には購入資産の将来的な含み損リスクな ど異次元政策の副作用に対する警戒感がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。