NY原油:小反発、一時55ドル割れ-世界的に60ドル下回る

ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)が小反発。一時は5年ぶり に55ドル割れとなったが値を戻した。ただ、供給だぶつき解消に向けた 動きが産油国にまったく見られないことから、世界的に原油価格は60ド ルを下回った。ロンドンの北海ブレント原油は2009年5月以来の安値。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。