タリバンがパキスタンの学校襲撃、141人死亡-ほとんどが子供

パキスタン軍は同国北西部の都市ペシャワル で軍が運営する学校からイスラム過激派「タリバン」の武装組織を排除 し、襲撃事件を収束した。襲撃により141人が死亡したが、そのほとん どが子供だった。同国で起きたテロとして、少なくとも2007年以降最悪 の事件となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。