円が下落、FOMC控えて売り優勢-対ドルは117円台前半

更新日時

東京外国為替市場では、円が対ドルで1ドル =117円台前半に下落。この日の米国時間に連邦公開市場委員会 (FOMC)の結果発表を控える中、日経平均株価の反発を受けて円売 りが優勢な展開となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。