NY銅:2週間ぶり大幅安-強弱混じる米指標、FOMC待ち

15日のニューヨーク銅先物相場は約2週間ぶ りの大幅安。11月の米鉱工業生産指数が2010年5月以来の大きな上昇率 となった一方で、建設業者の景況感を示す12月の米住宅市場指数が市場 予想を下回った。米国は世界2位の銅消費国。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。