NY金:4日続落、過去5週間で最長-米利上げ近いとの見方

ニューヨーク金先物相場は過去5週間で最長 の4営業日続落。米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げに近づい ているとの警戒から、代替投資としての金の需要が減退した。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで「今週はす べてFOMC次第になるだろう」と指摘。「FOMCから明確な見通し が出てくるまで、様子見姿勢の投資家もいる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前週末比1.2%安の1オンス=1207.70ドルで終了。4日続落は11 月6日以来の最長。

銀先物3月限は2.9%下落の1オンス=16.563ドル。プラチナとパ ラジウムも値下がりした。

原題:Gold Prices Cap Longest Slump in Five Weeks on Fed Rate Outlook(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE