ドラギ総裁、ほぼ完勝-エコノミスト9割以上がQE実現予想

更新日時

ユーロ圏で量的緩和(QE)を実施するかど うかの闘いは決着がついたようだ。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁がほぼ完全に勝利したと、ブルームバーグ・ニュースの調査に答えた エコノミストらはみている。

調査ではエコノミスト55人のうち9割以上が、ECBが大規模な国 債購入を来年開始すると予想した。先月調査の57%から増えた。計画は 一部の政策委員の反対を押し切る形で決定され2015年1-3月(第1四 半期)に発表される公算が大きいと、エコノミストらはみている。

次回の政策決定まで6週間を切り、ドラギ総裁によるQE反対派の 説得は緊急性を増している。原油下落がインフレ率をマイナスに陥れか ねず、ECBが条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)で供給 した資金を銀行はなかなか融資に回す気配が見えない。

NICBバンク(ハーグ)のエコノミスト、ダンカン・デフリース 氏は「ECBが拡張的政策を強化することは疑いの余地がなく、ただ時 期だけの問題だ」と述べた。

TLTROと資産購入を通じてECBのバランスシートを約1兆ユ ーロ(約147兆円)膨張させるドラギ総裁の計画については、75%程度 のエコノミストが成功すると予想。11月調査時の60%から増えた。

調査の中央値では、現行措置が2016年末までにECBのバランスシ ートを7000億ユーロ拡大させると予想されている。危機さなかに供給し た資金が来年2月までに償還されることで一部相殺されるため、ECB は5000億ユーロ余りのバランスシート拡大につながる追加措置を打ち出 す必要がある。

原題:Draghi’s QE Battle Almost Won as ECB Action Predicted: Economy(抜粋)

--取材協力:Rainer Buergin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE