中国の春秋航空、340億円規模の上海IPOを計画 (訂正)

中国初の格安航空会社である春秋航空は少な くとも17億6000万元(約340億円)規模の新規株式公開(IPO)を計 画している。中国の旅行需要が急増する中、調達資金を新たな機体の購 入に充てる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。