衆院選:推定投票率は戦後最低の52.66%-総務省が発表

更新日時

総務省は15日、14日に行われた衆院選の投票 率は小選挙区52.66%、比例代表52・65%だったと発表した。戦後最低 だった2012年の前回衆院選(小選挙区59.32%、比例代表59.31%)を更 新した。安倍晋三首相がアベノミクスを争点に据えた選挙だったが有権 者の関心は盛り上がらず、組織力を持つ共産、公明両党が議席を増やし た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。