フランスを「AA」に格下げ、見通しはステーブル-フィッチ

格付け会社フィッチ・レーティングスは、フ ランスの信用格付けを「AA」に引き下げた。顕著な改善が見られない 公的債務動向や財政赤字目標達成の遅れを反映していると説明した。

フィッチの発表によれば、フランスの長期外貨建て・自国通貨建て 格付けは「AA+」から「AA」に引き下げられた。アウトルック(格 付け見通し)は「ステーブル(安定的)」とした。

フィッチは「フランスの短期的な国内総生産(GDP)成長率とイ ンフレの見通しが不透明で、財政再建の道筋を実行する政府の能力に不 確実性が増しているため、フィッチの財政予測のリスクは引き続き下向 きだ」と分析。「こうした懸念を反映し、フィッチの中期的な成長見通 しは公式予測よりも幾分弱く、財政赤字見通しはより大きい」と指摘し た。

フィッチは、フランスの短期外貨建て発行体デフォルト格付け (IDR)「F1+」とカントリシーリング「AAA」については現在 の格付けを確認した。

原題:France’s Credit Rating Cut by Fitch to ‘AA’; Outlook Stable(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE