週明け原油は55ドル試す展開か-58ドル割り込み情動的な売りも

原油相場は過去6カ月の急落で約5年ぶりの 安値に下落しているが、米国の原油価格指標は週明けに1バレル=55ド ルを試す展開になりそうだ。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・イ ンターミディエート(WTI)先物は12日に2009年5月以来で初めて終 値で58ドルを割り込んだ。

WTI先物1月限は前日比3.6%安の同57.81ドルで終了。国際エネ ルギー機関(IEA)が5カ月で4回目となる石油需要見通し引き下げ を行ったことが下押し要因となり、6月20日に付けた終値ベースの年初 来高値(107.26ドル)から下落率は46%に達した。

プライス・フューチャーズ・グループのシニア市場アナリスト、フ ィル・フリン氏は「原油価格は58ドルを割り込んだことで、次の目標で ある55ドルを目指す展開になりつつある。これほど情動的に売られる状 況では、そんな数字さえ特別な意味を持つことになるだろう」と指摘し た。

原題:Crude Oil Seen Dropping to $55 Next Week as Price Rout Deepens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE