ブラジル株:ボベスパ指数が弱気相場入り-ペトロブラス安い

12日のブラジル株式市場では、指標のボベス パ指数が週間ベースで10月以来の大幅な下げとなり、弱気相場入りし た。原油価格が1バレル=58ドルを割り込んだことを嫌気し、ブラジル 石油公社(ペトロブラス)が下落した。

ペトロブラスは6.6%安。過去5営業日の下落率は18%に拡大し た。時価総額で中南米最大の銀行であるイタウ・ウニバンコ・・ホール ディングは5.3%下落し、ボベスパ指数の下げを主導した。住宅建設会 社ロッシ・レジデンシアルは16%高。7営業日ぶりに反発した。

ボベスパ指数は前日終値比3.7%安の48001.98で終了。年初来高値 からの下落率が22%に達した。今週は7.7%下げた。国際エネルギー機 関(IEA)が石油需要予想を引き下げたことが下押し材料となり、原 油相場はこの日1バレル=57ドル台に値下がりした。

原題:Ibovespa Enters Bear Market as Crude Below $58 Sinks Petrobras(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE