中国株:上昇、工業生産の伸び鈍化で緩和観測強まる

更新日時

中国本土の株式相場は上昇した。11 月の工業生産の伸びが鈍化したことを受けて、当局が一段の景気支援策 を講じるとの観測が強まった。

ソフトウエア開発の東軟集団(600718 CH)は値幅制限いっぱい の10%高。同社の事業にゴールドマン・サックス・グループなどが出資 することが明らかになった。中信証券(CITIC証券、600030 CH) は3.1%高。

自動車メーカーの上海汽車集団(600104 CH)が2.6%下げるなど、 景気動向に左右される消費関連銘柄は下落した。中国東方航空(600115 CH)は3.1%安、海運の中遠航運(600428 CH)は2.5%安。原油安を受 けて両銘柄共に前日は10%上昇していた。

上海総合指数は前日比0.4%高の2938.17で終了。CSI300指数 は0.3%上昇した。

徳邦証券の張海東アナリスト(上海在勤)は「景気の弱さが示され たことで、来年の追加利下げ期待が高まった」と指摘。「だが短期的に は株価は上がり過ぎたため、一部の投資家はリスクを回避し積極的な取 引はしないだろう。相場は値固めに入る」との見方を示した。

香港株は下落。ハンセン中国企業株(H株)指数が0.2%安、ハン セン指数は0.3%安で取引を終えた。

原題:Chinese Stocks Rise on Policy Easing Speculation After Weak Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE