【日本株週間展望】調整一巡し下値堅め、海外不安定には警戒

12月第3週(15-19日)の日本株相場は、下 値を固める展開となりそうだ。短期的な過熱感を要因とする値幅調整は 峠を越えた半面、原油や欧州・新興国株など海外市況の不安定さに警戒 感が残る上、安定政権への期待で好材料視されてきた国内総選挙も通過 し、積極的な買いは手控えられる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。