NY原油:50ドル台で下値切り下げ、IEAが需要予想下方修正

ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)が続落。前日の1バレル=60 ドル台割れに続いて、下値をさらに切り下げる展開になった。国際エネ ルギー機関(IEA)が世界の需要見通しを引き下げたことがきっか け。下方修正はこの5カ月間で4度目となった。

BNPパリバのアナリスト、ギャレス・ルイダビー氏(ロンドン在 勤)は「短期的にみれば、依然として供給は需要を上回っている」と指 摘。「在庫は来年の上期にさらに積み上がるだろう。従って原油価格に はさらに下押し圧力がかかる」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日 比2.14ドル(3.57%)安い1バレル57.81ドルで終了。週間では12%の 値下がり。ロンドンICEのブレント1月限は1.83ドル下げて61.85ド ル。週間ベースでは10%の下げ。

原題:Crude Oil Extends Drop Below $60 as IEA Cuts Demand Forecast(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Jonathan N. Crawford.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE