NY原油:50ドル台で下値切り下げ、IEAが需要予想下方修正

ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)が続落。前日の1バレル=60 ドル台割れに続いて、下値をさらに切り下げる展開になった。国際エネ ルギー機関(IEA)が世界の需要見通しを引き下げたことがきっか け。下方修正はこの5カ月間で4度目となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。