アリババ出資の陌陌:初取引で26%上昇-米IPOで2.16億ドル

中国のアリババ・グループ・ホールディング が出資するチャットアプリの陌陌(モモ)の株価は、取引初日となっ た11日のニューヨーク市場で26%上昇した。同社は新規株式公開 (IPO)で2億1600万ドル(約260億円)を調達している。

陌陌の株価は17.02ドルに上昇。IPO価格は仮条件の中間であ る13.50ドルだった。目論見書によると、同社はIPOと同時に株主の アリババから私募で5000万ドル、求人広告サイト運営の58同城網(58ド ット・コム)から1000万ドルを集める計画。ブルームバーグ中国・米国 株価指数は4営業日ぶりに上昇し、0.5%高となった。

メンバーの利用料が売り上げの大半を占める陌陌は月間アクティブ ユーザーが9月末時点で6020万人。中国で5億人に上る携帯機器のネッ ト利用者をさらに取り込むことを目指している。ブルームバーグのデー タによると、米国でIPOを実施した中国企業の取引初日の株価上昇率 は今年これまでの平均で12%となっている。

原題:Alibaba-Backed App Momo Jumps 26% in U.S. Debut: China Overnight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE