NY金(12日):3日続落、逃避需要が減退-米経済を楽観

ニューヨーク金先物相場は3日続落。好調な 米経済指標を背景に、安全資産としての金の買いが減退した。12月の米 トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(速報値) は93.8と、前月の88.8から上昇した。

ヘレウス・メタルズ・ニューヨークのセールス・マーケティング・ マネジャー、ミゲル・ペレスサンタラ氏は電話インタビューで、「米市 場のエンジンは改善を続けており、それが金にとっては最大の弱材料 だ」と指摘。「経済は勢いづいている。雇用は増加し始めた。米経済は 離陸しつつあると初めて思えるようになった」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.3%安の1オンス=1222.50ドルで終了。

銀先物3月限は0.3%下落の1オンス=17.057ドル。プラチナ先物 1月限は0.9%下げて1231.50ドル。パラジウム先物3月限は0.4%安 の816.55ドル。

原題:Gold Declines for Third Day as U.S. Growth Cuts Investor Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE