米下院、1.1兆ドルの歳出法案を可決-2日間の暫定予算も

更新日時

米下院は11日夜、1兆1000億ドル (約130兆円)規模の歳出法案を賛成多数で可決した。現在の暫定予算 が期限を迎えるわずか数時間前に可決に至った。

採決結果は賛成219、反対206だった。既存の暫定予算は11日深夜に 失効する。歳出法案を上院で承認する時間を確保して政府閉鎖を回避す るため、上下両院は2日間の暫定予算を可決した。

民主党のリード上院院内総務は、上院が12日に歳出法案の審議を開 始すると述べた。

歳出法案は来年9月までの政府支出の大半を賄う内容で、民主党の ウォーレン議員や共和党のクルーズ議員などの反対派が妥協すれば、12 日にも上院で可決される可能性がある。

ペロシ下院院内総務を含む多くの民主党議員は、大手金融機関に有 利な条項が盛り込まれているとして歳出法案に反対。事情に詳しい関係 者によると、法案支持を呼び掛けるオバマ大統領やバイデン副大統領、 一部閣僚らが議員に電話で説得する異例の事態となっていた。

移民政策をめぐるオバマ政権との対決を来年まで先送りすることに 反発する一部の共和党議員も同法案に反対を表明したため、当初午後2 時ごろに予定されていた採決が遅れた。

原題:House Passes Government Spending Bill After Day of Discord (2)(抜粋)

--取材協力:Kathleen Miller、Derek Wallbank、James Rowley、Kathleen Hunter、Silla Brush、Jeff Plungis、Richard Rubin、Angela Greiling Keane、Clea Benson、Cheyenne Hopkins.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE