NY金:続落、早期利上げ観測で-米経済指標が予想を上回る

ニューヨーク金先物相場は続落。米 経済指標の改善を背景に、早期利上げの観測が強まった。

RBCキャピタル・マーケッツの貴金属ストラテジスト、ジョー ジ・ジロ氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「小売売上高 や失業保険申請件数は良好で、それらすべては遅かれ早かれ引き締めが 行われることを示唆する」と指摘。「引き締めが意識されるたびに、金 は売られる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物2 月限は前日比0.3%安の1オンス=1225.60ドルで終了。

銀先物3月限は0.4%下落の1オンス=17.112ドル。プラチナ先物 1月限は0.1%未満下げて1242.20ドル。パラジウム先物3月限は0.2% 安の819.60ドル。

原題:Gold Drops for Second Day on U.S. Economic Gains, Rate Outlook(抜粋)

--取材協力:Laura Clarke.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE