エリクソン:インドでの小米の製品輸入・販売差し止めで勝訴

スウェーデンの通信機器メーカー、 エリクソンが中国のスマートフォンメーカー、小米を相手取り、無線技 術の特許侵害を訴えてインドでの小米製品の輸入・販売差し止めを求め ていた裁判で、インドの高等裁判所は11日、エリクソンの主張を認め た。

インドの高裁は、小米とインドでの電子商取引提携企業フリップカ ート・ドット・コムに対して、問題となった携帯端末を来年2月5日の 審理まで製造、輸入および販売することを禁じた。小米は7月にインド で販売を開始、小米にとってインドは最大の海外市場だ。

エリクソンの広報担当者ゴーラブ・シャーマ氏は11日、同社は3年 余にわたって小米と特許のライセンス供与をめぐり交渉を試みていた と、電子メールで説明した。

シャーマ氏は「小米が当社の技術に対する妥当なライセンス料を一 切払わず、当社の莫大な研究開発投資の恩恵を受けているのは不公平 だ」と述べ、「当社は互いに公平かつ納得のいく結論を導けるように小 米との協力を望んでいる」と続けた。

原題:Xiaomi Blocked From India Sales After Ericsson Patent Lawsuit(抜粋)

--取材協力:Pratap Patnaik.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE