ソニー:オンライン動画クラックル株の売却検討-電子メール

テレビ番組を制作/販売するソニ ー・ピクチャーズテレビジョンは、傘下のオンライン動画会社クラック ルの過半数の株式売却を検討している。ハッカーが暴露した電子メール で明らかになった。

クラックルのゼネラルマネジャー、エリック・バーガー氏の11月3 日付の電子メールによれば、ソニー幹部はハリウッド・タレント企業ク リエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)が支援する投 資銀行のエボルーション・メディア・キャピタルと協議した。

ソニーは2006年に6500万ドル(現在の為替レートで約77億円)でク ラックルの前身グルーパーを買収。翌07年に社名を現在のクラックルに 変更し、ソニーが持つコンテンツから映画やテレビ番組を提供してい る。また、米人気コメディアンのジェリー・サインフェルドが主演する 「コメディアンズ・イン・カーズ・ゲッティング・コーヒー」などのオ リジナル動画を配信している。

CAAのスポークスマン、マイケル・マンド氏とソニー・ピクチャ ーズのポーラ・アスカナス氏は共にコメントを控えた。

原題:Sony Considered Selling Stake in Crackle to ‘Save the Year’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE