中国国有企業の融資デフォルト、増える可能性-ムーディーズ

世界2位の経済大国、中国の成長が 鈍る中で国有企業における融資のデフォルト(債務不履行)が増える可 能性がある。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービス が11日指摘した。

ムーディーズの胡凱シニアクレジットオフィサーは上海での会議 で、リスクは生産能力過剰の業界が最も高いと述べた。同社でアジア太 平洋ソブリンリスクグループを統括するトーマス・バーン氏は、中国の 経済成長率が今年の「7.5%を若干下回る」水準から2015年には約7% に低下するとの見通しを示した。

バーン氏によれば、ムーディーズは中国の経済成長率が「中期的に 徐々に鈍化」すると見込んでおり、18年までに年6%前後まで下がると 予想。重工業から消費に経済の軸足を移している中国のレバレッジ解消 とリバランスは、外需からの大きな刺激がない中で漸進的に行われると の分析を示した。

原題:China’s State Companies May Default on More Loans, Moody’s Says(抜粋)

--取材協力:Yuanting Yin.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE