中国株、反落-上海総合指数のボラティリティ5年ぶり高水準

更新日時

中国本土の株式相場は反落。上海総 合指数のボラティリティ(変動性)が5年ぶりの高水準となった。この ところの相場上昇は行き過ぎだったとの懸念が広がり、石油生産や証券 などの銘柄が売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。