米アップルとIBM、企業向けアプリの第1弾をリリース

米アップルとIBMは10日、5カ月 前に発表した提携の第1弾として、政府や企業向けに開発した10本のア プリケーションをリリースした。

これらのアプリには操縦士による燃料の有効活用やケーブル修理工 の現場での分析データ活用を支援するツールなどがあり、かつて競合関 係にあった両社の提携で最初の大きな試金石となる。提携はIBMの分 析データと事務管理能力をアップルの「iPad(アイパッド)」や 「iPhone(アイフォーン)」といった携帯端末と同社のユーザー インターフェースのデザイン実績を結びつける狙いがある。

IBMのグローバルビジネスサービス担当上級副社長、ブリジッ ト・バン・クラリンゲン氏はインタビューで、両社が既に50社と協力し アップルの携帯端末向けアプリ開発に取り組んでいることを明らかにし た。次回のアプリ投入は来年の早い時期になる見通しだという。両社 は100余りの企業向けアプリの開発を目指す意向。

原題:Apple, IBM Partnership Releases First Apps for Enterprise Buyers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE