ドルは来年上昇、金融政策の相違増大で変動性が増幅-UBS

スイスの銀行UBSグループはドル が来年上昇すると予想する。世界的な金融政策の相違増大に伴い、1日 で5兆3000億ドル(約620兆円)の資金が動く外国為替市場の変動性が 増幅する見込みだと分析した。

UBSグループのウェルス・マネジメント部門のグローバル最高投 資責任者(CIO)、マーク・ハーフェラー氏は今月2日にブルームバ ーグのニューヨークオフィスで行われたインタビューで、「われわれは ドルを『オーバーウエート』としている」とし、「相違が大きくなり、 外為市場でボラティリティが一段と拡大したとしても全く驚かないだろ う。この機会を捉えたい」と語った。

原題:Dollar to Gain in 2015 as Divergence Spurs Volatility, UBS Says(抜粋)

--取材協力:Margaret Collins.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE