KKR、ヘッジファンドなど投資会社へ出資目指す-クラビス氏

資産家のヘンリー・クラビス氏とジ ョージ・ロバーツ氏が率いる米プライベートエクイティ(PE、未公開 株)投資会社KKRは、他の投資会社にさらに出資する機会を狙ってい る。

10日にゴールドマン・サックス・グループがニューヨークで主催し た金融サービス会議でクラビス氏は、KKRの能力を拡大するために投 資会社を買収する方が、自社株買いよりもバランスシートの資金の良い 使い道だと述べた。

クラビス氏は、ヘッジファンド運営会社ネフィラ・キャピタルと、 エネルギー関連企業と資産へのクレジット投資を行うブラックゴール ド・キャピタル・マネジメントへの出資を例に挙げた。同氏は「幾つか 協議が進んでいる」と説明し、「今後3カ月、6カ月、9カ月で、別の ところにも出資することになると考えている」と述べた。

KKRはここ10年でレバレッジド・バイアウト(LBO、買収先の 資産などを担保とする借り入れによる買収)以外の分野に事業を多様化 しており、クレジットや資本市場、不動産にも業容を拡大している。

原題:KKR Seeking Stakes in Hedge Funds, Credit Firms, Kravis Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE