弁護士ドットコムが上場2日目初値、公開比3.2倍に-法律相談

更新日時

11日に東証マザーズ市場に新規株式公開 (IPO)した無料法律相談、法律事務所検索のポータルサイトを運営 する弁護士ドットコムが上場2日目のきょう午前、ようやく初値を形成 した。公開価格の1230円に対し3.2倍となる3880円だった。初日は買い 気配のまま売買が成立しなかった。

同社は2005年7月の設立で、東京都港区六本木に本社を置く。弁護 士への無料法律相談のほか、地域・分野ごとに弁護士や法律事務所を検 索できるサイト「弁護士ドットコム」を中心に、税金相談の姉妹サイト 「税理士ドットコム」を運営。収益基盤は弁護士や税理士へのマーケテ ィング支援サービス、有料会員サービス、広告などからなる。11日時点 の登録弁護士数は全国7668人、相談件数は46万件に上る。元榮太一郎社 長は01年の弁護士登録後、05年に独立開業した。

15年3月期業績計画は、売上高が前期比2.3倍の6億7400万円、営 業利益は10倍の1億5100万円、1株利益は15円11銭を見込む。上場に際 し、公募37万株、オーバーアロットメントを含む売り出し91万8000株を 実施。主幹事は野村証券が務める。

野村証の平賀洋輔アナリストらは11日付のリポートで、同社は「弁 護士のマーケティングニーズを捉えた稀有な企業」と評価。有料登録弁 護士数の増加により、大きな広告宣伝費が必要なく、収益性の高い弁護 士マーケティング支援が増収増益をけん引するとし、16年3月期営業利 益を4億8000万円、17年3月期は6億9000万円と予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE