米モルガンS、400万ドル支払いへ-リスク管理問題決着で

米モルガン・スタンレーは、適切な リスク管理を欠いていたと米監督当局から指摘された問題を決着させる ため400万ドル(約4億7000万円)を支払うことで合意した。

米証券取引委員会(SEC)は10日の行政命令で、モルガン・スタ ンレーが顧客企業のロッチデール・セキュリティーズ向けのクレジット 制限管理を怠り、同社のトレーダーの1人が2012年に米アップル株の大 量取引に関与することを許したと説明した。

SECによれば、トレーダーのデービッド・ミラー氏は12年10月25 日だけで約5億2500万ドル相当のアップル株を購入。ロッチデールがモ ルガン・スタンレーと事前に決めていた1営業日当たり総額2億ドルの 上限を大きく超える取引が成立した。同氏は昨年、裁判で有罪を認め た。

モルガン・スタンレーの手順を記した文書は、上限を引き上げるか どうかを決める担当者への適切な指針を示していなかったとSECは指 摘。モルガン・スタンレー広報担当のマーク・レーク氏は、同社は「行 政命令で取り上げられた問題に対処するため、文書を更新した」と述べ た。

原題:Morgan Stanley to Pay $4 Million in SEC Market Access Case (1)(抜粋)

--取材協力:Michael J. Moore、Sam Mamudi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE