米小売売上高:11月は前月比0.7%増-8カ月ぶりの大幅な伸び

更新日時

11月の米小売売上高は8カ月ぶりの 大幅な伸びとなった。

米商務省が発表した11月の小売売上高(速報値)は、季節調整済み で前月比0.7%増加。これは3月以降で最大の伸び率。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値は0.4%の増加だっ た。前月は0.5%増(速報0.3%増)に上方修正された。

ジェフリーズのエコノミスト、トーマス・サイモンズ氏は「個人消 費は非常に順調だ」とし、「ガソリンの値下がりによる節約分は全て別 の消費に使われている。売上高は幅広い分野で増加しており、極めて前 向きな状況だ」と続けた。

自動車を除く小売売上高は0.5%増。市場予想は0.1%増だった。

項目別では主要13項目のうち11項目で増加。減少したのはガソリン スタンドと雑貨店だった。

ガソリンスタンドは0.8%減少。ガソリンの値下がりが影響した。

国内総生産(GDP)の算出に使用される自動車ディーラー、ガソ リンスタンド、建材などを除く売上高は0.6%増と、6月以降で最大の 伸び。前月は0.5%増。

い。

原題:Retail Sales in U.S. Increase by Most in Eight Months (1) (抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE