NZ中銀:金利据え置き継続示唆-予想以上のインフレ鈍化で

ニュージーランド準備銀行(中央銀 行)は11日、インフレが予想より鈍化する中で、来年の遅い時期まで利 上げ実施は見込まれないと表明した。

NZ中銀はこの日の金融政策決定会合で、 政策金利であるオフィ シャル・キャッシュ・レートを3.5%に据え置いた。ウィーラー総裁は 会合終了後の声明で、「インフレ圧力の弱さは、金利が一段と緩やかに 上昇する中で景気拡大が従来の予想よりも長く持続し得ることを示唆す る」と指摘した。同中銀は90日物銀行手形金利の見通しを下方修正。こ れは借り入れコストが来年後半まで上昇しない可能性を示す。

同総裁はまた、為替相場の水準は輸出物価の下落を反映しておら ず、引き続き「正当化できず、持続不可能なほど高い」と指摘。同中銀 はNZドルの「さらなる大幅下落を予想する」とした。

原題:RBNZ Signals Extended Rate Pause on Softer Inflation Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE