フェラーリ、会計基盤をイタリア国外に移管も-法人税対策で

イタリアの高級スポーツカーメーカ ー、フェラーリは法人税負担を軽減するため会計基盤をイタリア国外に 移すことを検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。 フェラーリの親会社である伊フィアットと米クライスラーの統合会社フ ィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)はフェラーリの スピンオフ(分離・独立)を進めている。

フィアット・クライスラーは会社の登記場所をオランダにしている が、会計基盤はロンドンとし、株式はニューヨーク証券取引所で上場し ている。話し合いが非公開だとして匿名を条件に述べた関係者による と、フェラーリも同様の措置を講じる可能性がある。

原題:Ferrari Said to Consider Moving Fiscal Base Outside Italy (1)(抜粋)

--取材協力:Lorenzo Totaro.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE