JPモルガン、鉄鉱石価格見通しを引き下げ-低コスト供給で

米JPモルガン・チェースは、鉄鉱 石価格の下落が続くと予想し、2017年にかけての価格見通しを引き下げ た。世界の大手生産会社による低コストの供給の伸びが需要を上回るた めとしている。

JPモルガンの7日付リポートによると、同行は来年の鉄鉱石価格 が1トン当たり平均67ドルとなり、従来予想を24%下回ると予測。16年 は65ドルと、従来予想を23%下回るとの見通しを示した。メタル・ブレ ティンのデータによれば、今年のこれまでの平均は98.82ドル。17年に ついては69ドルと、従来予想を16%下回ると見込んでいる。

JPモルガンはリポートで、「供給過剰を回避し得る唯一の方法は 低コストの生産会社が増産目標を引き下げることだ」と指摘。その上で 「そうなる可能性は低い。産地であるピルバラ地区への最近の視察の結 果、リオ・ティントもBHPビリトンも現時点では生産能力の拡大ペー スの縮小を検討していないことが示唆されている」と述べた。

原題:Iron Ore Outlook Cut by JPMorgan as BHP, Rio Shares Extend Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE