ソニーの平井社長、北朝鮮を怒らせた映画のシーンを自ら承認

更新日時

北朝鮮の怒りを買い、ソニーへのサ イバー攻撃の引き金になった可能性のあるセス・ローゲン主演の映画 「ザ・インタビュー」のシーンをソニーの平井一夫社長が自ら承認して いたことが、ハッカーの不正アクセスで流出した電子メールで明らかに なった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。