個別銘柄:建機安い、日信工や博報堂DY急落、チタン株上昇

更新日時

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は以下の通り。

建機株:コマツ(6301)が前日比3.4%安の2750円、日立建機 (6305)は3.5%安の2610円。メリルリンチ日本証券では、両社は上期 決算で中国需要見通しを前年比2割減程度に下方修正したが、10-11月 はそれをさらに下回るスタートになったと指摘。鉱山機械の受注低迷が 続き建設機械の世界需要も中国などの低迷で回復感が乏しく、2015年3 月期以降は高い利益成長を期待できないとした。投資判断はともに「ア ンダーパフォーム」を継続。

日信工業(7230):6.2%安の1733円。みずほ証券では投資判断を 「買い」から「中立」へ引き下げた。利益成長ドライバーとみていた回 生協調ブレーキの販売は、ホンダ「FIT」のリコール(無料の回収・ 修理)影響などから想定を大きく下回る見通しだと分析。同販売減少を 踏まえると、株価は妥当水準だと判断した。

博報堂DYホールディングス(2433):5.1%安の1140円。11月度 の博報堂の売上高は前年同月比3.1%減だった。媒体別では新聞やテレ ビ向けが落ち込んだほか、マーケティング/プロモーション分野やアウ トドアメディア分野が前年割れとなった。

チタン関連株:大阪チタニウムテクノロジーズ(5726)が9.4%高 の2328円、東邦チタニウム(5727)が3.7%高の811円。クレディ・スイ ス証券では両社は上期の減産強化で在庫が着実に減少し、自社内の在庫 調整は15年3月期末で終了の公算大と指摘。大阪チタの目標株価を2900 円から3000円、邦チタを900円から930円にそれぞれ引き上げた。投資判 断はともに「アウトパフォーム」を継続。

クスリのアオキ(3398):7.7%高の5850円。15年5月期営業利益 予想を前期比16%増の68億3000万円に上方修正した。従来計画は54 億9100万円。調剤部門の売上総利益率が改善しているほか、人件費コン トロールなども利益を押し上げた。

日本エンタープライズ(4829):7.1%安の433円。公募増資で最大 約13億円調達すると発表した。調達資金はソフトウエア開発資金や事務 所増床費用などに充当する。同時に植田社長らが保有する普通株46 万4000株の売り出しも実施する。株式需給の悪化などが懸念された。

ツルハホールディングス(3391):2.9%高の6710円。みずほ証券 では目標株価を6800円から8000円に引き上げた。15年5月期上期業績は 会社計画を下回るものの、2けたの営業増益を達成すると分析。今後も コスト削減と西日本地区でのシェア拡大により増益基調は続くと予想し た。

スカイマーク(9204):17%高の271円。スカイマク広報担当の伊 豆丸由佳氏は10日の電話取材で、西久保社長が来年1月か2月に投資フ ァンドから資金調達を計画していると一部記者団に話したことを確認し た。また、日本航空に加えてANAホールディングス(9202)にも提携 を通じた支援を要請する方針、と10日付の日本経済新聞朝刊が伝えた。

東邦ホールディングス(8129):4%高の1673円。海外市場で転換 社債150億円を発行し、そのうち120億円を自己株取得に充当すると発 表。転換社債発行で発行済み株式総数に対する潜在株式数の比率 は8.96%となる一方、自社株買いは同11.94%に相当するため、株主価 値の向上が期待された。

キリンホールディングス(2503):2.8%安の1508.5円。クレデ ィ・スイス証券では投資判断「アンダーパフォーム」で新規に調査を開 始した。国内ビール・清涼飲料事業での抜本的な販売改善策の不足や現 状堅調な豪州酒類のミックス改善・価格改定効果の縮小など、来年も厳 しい事業環境が続くなどと分析した。

東日本ハウス(1873):5.6%高の526円。15年10月期の営業利益は 前期比40%増の57億9000万円と2期ぶり増益に転じる見込み。消費増税 先送りなどで景気が堅調に推移すると期待される中、住宅事業での新製 品販売の展開やホテル事業での新規オープンなどを見込む。14年10月期 配当予想は17円から20円に積み増し、今期も20円を予想。

テレビ東京ホールディングス(9413):3.5%高の2480円。三菱 UFJモルガン・スタンレー証券は目標株価を2500円から3030円に引き 上げた。スポット販売単価は他社に比べて大幅に割安なため上昇余地は 大きいと指摘し、15年3月期営業利益予想を62億円から69億円(会社計 画53億円)、来期を78億円から93億円にそれぞれ上方修正した。投資判 断は「オーバーウエート」を継続。

水素関連株:岩谷産業(8088)が3.7%高の867円、加地テック (6391)が1.9%高の433円など。政府は燃料電池車普及へ水素ステーシ ョンの規制緩和に乗り出す、と10日付の日本経済新聞朝刊が報道。建築 基準や保安規制の緩和で設置コストを半減し、15年度中に全国100カ所 の整備目指すとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE