NY原油:急反落、60ドルに接近-ブレントは65ドル割れ

ニューヨーク原油先物市場ではウェ スト・テキサス・インターミディエート(WTI)が急反落。米原油在 庫の増加を嫌気し、1バレル=60ドルに接近した。石油輸出国機構 (OPEC)が加盟国産原油の需要見通しを12年ぶりの水準に引き下げ たことを受け、ロンドンの北海ブレントは約5年ぶりにり65ドルを割り 込んだ。

PNCキャピタル・アドバイザーズの原油アナリスト、ポール・ク ロボ氏(フィラデルフィア在勤)は「今のセンチメントは極端に悪い。 諦めムードがまん延している。OPECが何をしたいのか誰にも分から ないのではないだろうか」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日 比2.88ドル(4.51%)下げて1バレル=60.94ドルで終了。2009年7月 以来の安値。ロンドンICEのブレント1月限は2.60ドル(3.9%)安 い64.24ドル。これも2009年7月以来の安値で引けた。

原題:Brent Drops Below $65 as OPEC Cuts Demand Forecast; WTI Near $60(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE