BOAとシティ、10-12月トレーディング収入の減少を予想

米銀バンク・オブ・アメリカ( BOA)とシティグループは、10-12月(第4四半期)のトレーディン グ収入が減少するとの見通しを示した。このままいけばウォール街の通 年のトレーディング収入はここ5年間で4回目の減少となる。

シティは10-12月のトレーディング収入が前年同期比で約5%減る と予想していると、マイケル・コルバット最高経営責任者(CEO)が 9日、ゴールドマン・サックス・グループがニューヨークで主催した会 議で明らかにした。BOAのブライアン・モイニハンCEOは同じ会議 で、同行のトレーディング収入が前期および前年同期の実績を下回ると 予想していると述べたが、減少幅の見通しは明らかにしなかった。

ウォール街のトレーディング収入は、スプレッドの縮小につながっ た電子取引の拡大や低ボラティリティの継続のほか、債券保有や自己勘 定取引を制限する新ルールに圧迫されている。業界分析会社コーリショ ンのデータによると、国際展開する大手投資銀行10行のトレーディング 収入は2009年から13年に700億ドル(約8兆3600億円、38%に相当)減 少した。

コルバットCEOは、「われわれが期待しているのは、ボラティリ ティが持続的で合理的な水準にあるトレンドがある相場だ」と指摘。 「現在の相場にはトレンドや方向感がなく、市場の見方にも統一性がな い」と述べた。

原題:BofA, Citigroup Signal Another Down Year for Trading Revenue(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE