ギリシャ債続落、3年債利回りが10年債上回る-政局懸念

10日の欧州債市場ではギリシャ国債 が続落。前日から3年債利回りは10年債利回りを上回っている。大統領 選の前倒しによって現政権が崩壊し、緊縮策に反対の急進左派連合 (SYRIZA)が総選挙で勝利するとの懸念が広がっている。

ギリシャでは株式相場も下落し、この日の証券入札では政府の借り 入れコストが上昇。これを受けてユーロ圏では、高債務国の国債が売ら れ、ドイツ国債など比較的安全と見なされる資産が買われた。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト、オーランド・ グリーン氏(ロンドン在勤)は「年末に向かっていく中で爆発しそうな 状況が起こりつつある」とし、取引高が減る季節的要因もあって価格変 動が激しくなっていると説明。「イタリアやスペインの国債値下がりを 見れば、ある種の危機感染が起きている」と付け加えた。

ギリシャのサマラス首相は今週、大統領選の前倒しを決定。候補に スタブロス・ディマス元欧州委員を指名したが、議会で当選に必要 な180票を得られなければ首相は解散総選挙に追い込まれる。そうなっ た場合、ツィプラス党首率いるSYRIZA勝利の公算が大きいことが 世論調査で示されている。

ロンドン時間午後4時31分現在、ギリシャ3年債利回りは前日 比112ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の9.42%。前日 は182bp上げた。同国債(表面利率3.375%、2017年7月償還)価格 は2.28下げて86.595。10年債利回りは44bp上げて8.62%。一時は10 月17日以来の高水準となる8.90%に達した。

イタリア10年債利回りは2bp上昇し2.05%。同年限のスペイン国 債利回りは4bp上昇の1.86%。

ドイツ10年債利回りは過去最低の0.672%を付けた。30年債の利回 りもこれまでで最低の1.515%に下げた。

原題:Greek Bonds Extend Slump as Stocks Drop Amid Presidential Debate(抜粋)

--取材協力:Sofia Horta e Costa、Nikos Chrysoloras、Jennifer Joan Lee.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE