米ボーイング、747-8の減産発表-販売減速や需要低迷で

米ボーイングはジャンボ機747- 8の生産ペースを落とす。貨物機の販売減速と需要低迷で同社は生産済 みの売れ残り機体2機を抱えている。こうした航空機は航空会社名が機 体に塗られていないことから業界用語で「ホワイトテール」と呼ばれ る。

ボーイングは今年に入ってから747の新規受注を獲得しておら ず、更新が計画されている米大統領専用機が最も有力な販売の選択肢の 一つとなっている。

減産発表はここ2年未満で3回目。期待していた貨物市場の回復定 着が遅れていることが背景にある。航空会社がボーイングの787-9 や777のようなより効率性の高いモデルに合わせて航路網を変更して いるため、747-8の旅客機の販売は減速している。

ボーイングは747-8の生産ペースを来年9月に月1.5機から 月1.3機にする計画だと、広報担当のダグ・アルダー氏が明らかにし た。年間では16機となり、現在のペースを2機下回る。

今回の減産については、米紙ウォールストリート・ジャーナル (WSJ)が9日にツイッターで先に伝えていた。

原題:Boeing Slows 747 Jumbo Assembly as Big-Plane Market Dwindles (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE