CIAの尋問は「拷問」、議会や大統領と情報共有せず-報告

米中央情報局(CIA)がテロ容疑 者を尋問する手口は公に説明されているよりも残酷で、情報を引き出す 手段としては成果が小さく、しかもブッシュ大統領(当時)や議員らに 詳細を伝えていなかった。民主党が尋問報告書をまとめ、9日に上院情 報委員会に提出した。

厳しい尋問の正当性を支持する陣営からは、こうした行為で得られ た情報が国際テロ組織アルカイダの指導者だったウサマ・ビンラディン 容疑者殺害につながったとしているが、報告書はそうした重要情報は尋 問で出てこなかったと指摘。過酷な尋問は効果的ではなかったと断じ た。この日公開された報告書は6000ページに及ぶ。その要旨によると、 尋問プログラムの詳細は議員らと共有されることはなかった。

上院情報委員会のダイアン・ファインスタイン委員長(民主、カリ フォルニア州)は「この文書で検証されているのは、CIAが海外で秘 密裏に拘束した119人以上の個人に対する行為であり、強制的に情報を 聞き出す手段の中には拷問に相当するものがある」と声明で説明した

報告書によると、少なくとも26人のケースが身柄拘束の基準を満た していない。2002年秋にコンクリートの床に身体を固定されて低体温症 で死亡したケースや、17日間誰にも知らされずに暗闇に閉じ込められた ケースもあった。

最終版となる同報告書は6年の歳月と4000万ドル(約48億円)のコ ストをかけてまとめられた。2001年9月11日の対米同時多発テロ以降、 CIAがブラックサイトと呼ばれる国外の秘密基地でテロ容疑者に用い た「強化された尋問手法」について、初めて包括的な検証が行われた。

原題:CIA Misled Bush, Congress on Interrogation Tactics, Report Find(抜粋)

--取材協力:John Walcott.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE