サンタンデール銀、米自動車ローン部門の取得・非公開化検討

スペインの銀行最大手、サンタンデ ール銀行は株式を公開している米自動車ローン部門の取得および非公開 化を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同部門 の株価が大幅に下落しており、サンタンデール銀は選択肢を検討してい るという。

米部門サンタンデール・コンシューマーUSAホールディングスの 株価は1月の新規株式公開(IPO)以降に約28%下落し、上場株式の 時価総額は8日時点で18億ドル(約2140億円)となった。関係者のうち 3人によれば、サンタンデール銀は同部門が過小評価されているとし て、非上場企業としての方がうまく運営できると考えている。関係者ら は情報は非公開だとして匿名を条件に語った。

関係者らによると、サンタンデール・コンシューマー株の60%を保 有するサンタンデール銀はアドバイザーはまだ指名していないが、複数 の企業と協議を進めている。

サンタンデール銀の広報担当には電話取材に対してコメントを控え た。

原題:Santander Said to Consider Possible Buyout of U.S. Auto Unit (1)(抜粋)

--取材協力:Jeffrey McCracken.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE