インド株(終了):6週ぶり安値、金属株安い-世界株安の様相

9日のインド株式市場では指標の S&Pセンセックス指数が3営業日続落し、6週間ぶりの安値を付け た。金属株や公益事業株の下げが立った。中国株の大幅下落をきっかけ に世界株安の様相となっている。

アルミ生産でインド2位のヒンダルコ・インダストリーズと、産銅 会社セサ・スターライトが大きく下げた。国内最大の電力会社NTPC は5カ月ぶりの大幅安。国内最大の発電機メーカー、バーラト重電機は 4営業日続落となった。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前日比1.2%安の27797.01で終 了。これは10月30日以来の安値。中国の上海総合指数は5年ぶりの大幅 下落。中国当局が短期融資に関する担保規定を厳格化したことが背景。

原題:Indian Stocks Drop for Third Day as Sesa Falls on China Selloff(抜粋)