所得の不平等、経済成長の大きな阻害要因に-OECD報告書

不平等の拡大は経済成長の鈍化につ ながっており、富裕層以外の人々が恩恵を受けられるような税制によっ てそうした状況が和らぐ可能性があると経済協力開発機構(OECD) が指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。